灘・久留米大学附設・ラサール中学校受験講座

灘・久留米大学附設・ラサール中学校受験合格を目指そう!

灘・久留米大学附設・ラサール中学校受験講座の
講師は難関中高一貫校卒業者!

 

大手学習塾に通う多くの児童が小学四年生・五年生で燃え尽きています!

 

授業料

4,600円から/1時間(税抜)学年別授業料設定
 

指導方法

福岡市の最強無敵個別指導塾には下記難題の「攻略法」教える、灘・久留米大学附設・ラサール中学校受験専門講師が皆さんを待っています。
 

  • 灘中学校・久留米大学附設中学校・ラサール中学校合格には「受験の要領」が絶対です。
  • 算数は設問文を瞬時に解析する「国語力」が要求されます。
  • 複雑な設問を「要領よく解き進める技術」を要します。
  • 算数・理科は「発想の転換」が必要です。
  • 国語は本文中に正解がないことが殆どで「行間を読み取る感性」が試されます。
  • 全教科に措いて「高速な解答速度の訓練」をせねばなりません。

 

大濠中学高校から九州大学医学部医学科へ

受験勉強は大変だし本当に辛いと思うけど、受かったときはとても嬉しいし受験を通じて成長することもできると思っているので是非頑張っていただきたい。
まず勉強には「優先順位」が大切な考え方だと思っている。簡単な例では、センター試験でしか使わないうえに配点の低い古典漢文などに注力するよりも、二次試験にも利用する上に配点も高い数学から勉強せよ、ということである。僕の受験では数学が明らかに一番大切な教科であったので、受験勉強は数学から始めた。僕の勉強スタイルはこれ!と決めたらそれに満足するまでそれだけをするものであるから、数学力に自信がつくまでひたすら数学の問題演習本を買い漁った。ネットで調べて有名なものはすべて解いたと思う。数学は解いた問題量に応じて伸びる教科だと感じた。
受験はすぐにやってくる。対策が間に合わなければ案外コロッと落ちてしまうものだから、勉強している最中も常に自分が今一番するべきことを考えながら、最良な時間を過ごし続けてほしい。合格の喜びを味わえるように。

九州大学医学部医学科在籍

ラ·サール中学校高校から九州大学医学部医学科への道程 

中学校では授業の予習しかやっておらず、そのため成績は振るいませんでした。高校では復習したりや勉強の仕方を工夫するようになったりしたことで、成績は徐々に改善していきました。現在、その手の本は多く売られているので、参考にできるものも多いです。私が受験勉強を始めたのは高校二年生の夏からで、数学と英語が苦手だったので、受験期はこれらの改善に努めました。よく使っていた参考書は数学では「1対1対応」、英語では「システム英単語」と「英作文の実況中継」でした。苦手科目は今まで勉強した参考書を何度も復習するのが良いと思います。
また、三年生になると理科の演習が何より重要になってきます。私は物理では「重要問題集」と「名問の森」、化学では「重要問題集」と「有機化学演習」を主に取り組みました。私は志望校が定まっていなかったためにこれら以外のものも取り組みましたが、九医志望と決まっていたら難しい参考書に無理に取り組むより、定番の問題を何度も復習することが肝要です。そして合格することができました。

九州大学医学部医学科在籍

ラ・サール高校での三年間

私は、ラ・サールには高校から入りました。高一の時は、中学校からラ・サールに入ってきた人たちとは学習の進度の関係でクラスが分かれており、中学校から入ってきた人たちに学力面で追いつこうと毎日目まぐるしく勉強しました。高二からはそのかいあって、中学校から入ってきた人たちに学力面で無理なく合流することができ、また、部活や体育祭と文化祭の実行委員などでも交流を広げることができました。しかし、積み重ねが少ないため、依然数学などの問題パターンが多く覚えることが多い科目では、苦戦しました。高三からは、範囲が非常に広いテストが毎週あり、その対策で日々追われました。高三の夏休みは、一日12時間くらい、質と集中力を意識して勉強に取り組みました。そのかいあり、夏以降は少し燃え尽きていましたが、夏休み明け以降の二次型模試では、非常に良い結果を取ることができました。そして、卒業式を経て、二次試験では途中から緊張のあまり頭が真っ白になりましたが、無事九医に合格することができました。

九州大学医学部医学科在籍

久留米大学附設中学高校での六年間

私は、久留米大学附設中高(以下、附設)を経て、九州大学医学部医学科に合格しました。附設では、予習をし、授業を聞き、わからない問題に関しては質問をして理解する、という3点を抑えれば必ず成績が上がるようになっていました。このような恵まれた環境のなかで、私が一番徹底していたことは、授業を集中して聞き、その授業で大事な点を授業内で理解することでした。附設の一番のメリット、それは何十年という教師経験をもとにした教師陣による授業です。教師のなかには、附設の卒業生もいるので、何が大学入試において重要なのか、必要なのかを生徒の立場から理解している人がたくさんいます。授業内では、重要な知識はもちろん、経験談や他では決して教わらないような雑学じみた知識もたくさん教えてもらいました。たとえ大学入試には必要のない科目だとしても、その授業内で学んだ事は必ず生かされる時がきます。雑学や絶対に知らなくていいだろうと思った事についても同じです。この事を念頭におけば、志望校合格に近づくと思いますので、ぜひ参考にされてください。

九州大学医学部医学科在籍

まずはお気軽にお問い合わせください。
最強無敵家庭教師センターお問い合わせ・面談希望の方はこちらから